アフィリエイト広告を利用しています

読書感想文③「宇宙のあいさつ」を読んで

「宇宙のあいさつ」(星 新一著)を読みました。

SF御三家(星新一・筒井康隆・小松左京)のうち、筒井さんの作品は学生時代に読んでいましたが、星さんのものは今まで読んだことがありませんでした。

読む前の勝手なイメージは、スマートな感じのSF短編でしたが、読んでみると少し違ってました。

基本的には、スラスラと読み進めますが、ときおり引っかかるところがあったり、どういうことなのか理解するために読み返したり、一癖も二癖もある感じの文章で、好きになりました。

面白い短編が多く、どれが一番印象に残っているかを決めるのは難しいですが、あえてあげれば「宇宙のあいさつ」の話になりそうです。

何か読む本をお探しでしたら、是非読んでみてください。

Follow me!

PAGE TOP